「彼とのHではいつもオーガズムを感じる」「頭が真っ白になる程、ヤバイ。」

愛し合っている彼とのHの相性が良い話をよく耳にします。

けれどいっぽうで「彼の事は大好き。けれど、実は一度もイッた事がないんです…。」

そんな悩みを持つ女性はアナタが思う以上に実は多いはず。

どうすれば、彼とのHでイケるの?彼に聞くわけにもいかないし…!

そんなアナタの為に、今回は、いくつかのコツをご紹介~♪

イキやすい身体になるコツとは?あなたはどこでイクタイプ?

セックスでイッたことのないあなたへ!イケる方法やコツを教えちゃいます☆-001

まずイッたことのない女性の多くは基本相手男性のテクニック不足の場合がほとんどです。

・クリトリスでイク
・膣内でイク
・キスでイク
・アナルでイク
・乳首でイク

イク種類で言えばこんな感じでしょうか?

え?キスでイッたり乳首でイッたりも出来るの?と思ったかたもいらっしゃるでしょう。

結論から言うと私たちの身体はどこでもイケる可能性を秘めているのです。

一般的にはクリトリスや膣でイクことを覚える場合が多いのでまずはこのふたつの部位を意識してみては如何でしょうか。

クリイキと膣イキ、この2つをまず体感し自分の身体に覚えさせるだけでセックスにおける人生観が激変する事は間違いありません。

イッた事がある女性で複数の男性とお付き合いした方なら想像しやすいと思いますが相手がセックス下手。それがイケない理由のほとんどを占め自分の身体がイケないって事はまずありません。

「でも今付き合っている彼にそんな事言ったら傷つけてしまう…。」

言う必要はありませんが徐々にテクニックを上げる為に一緒にエッチな本を見てみたりエッチな動画を見てみるのも良いのではないでしょうか?

セックスは相手との相性ももちろんありますが男性のテクひとつで何度も何度もイケる身体になるのです。

元々私たち女性はイケる身体を持ちわせて生まれてきているのです!

…優しいキスから始まり…耳の裏や首筋…うなじを丁寧に愛撫してて…全身性感帯になったらクリトリスを愛撫して…

最初はクリイキから覚える事をお勧めします。

自分自身をリラックス

セックスでイッたことのないあなたへ!イケる方法やコツを教えちゃいます☆-002

まずは、リラックスすること。

過度な緊張や恥じらいは、感じる事の抵抗に繋がり、オーガズムの障害になります。

また、相手に協力してもらえるのなら、前戯に時間をかけてもらいましょう。

そうする事で彼への恥じらいも薄らいできて、リラックスしやすくなります。

そうすると、イケる可能性が高くなってきます。

まずは、前戯重視のSEXを楽しみましょう。

恥ずかしい、という気持ちを忘れる

難しい事かもしれませんが、オーガズムで乱れる事は決して恥ずかしいと思わなくて良いのです。

むしろ、乱れたアナタに彼はカワイイ!と身悶えするのではないでしょうか?

一度、彼の前で思いっきり乱れてみて下さい。恥ずかしさなんて吹っ切れて、気付けば、イッていると思いますよ。

たっぷりとキスをする

キスを何度も重ねていくうちに、気持ちも高揚して、彼にもっと触って欲しい、という欲求が高まってきます。

かわいくおねだりするように、何度もキスをして彼にも、自分自身のドキドキを高める為にも前戯としてキスをたくさんしてみては?

オナニーでイキかたを覚える

セックスでイッたことのないあなたへ!イケる方法やコツを教えちゃいます☆-003

女性で実は重要なポイントとなるのが、オナニーで、イキ方、イク感覚をつかんでおくことです。

女性の膣は、もともと硬いので柔らかくしてあげなければなりません。

膣のお肉をほぐしてあげる為に、一人エッチでイク感覚を覚えるのです。

一方で、クリトリスは生まれながらの性感帯なので、オーガズムを体験した事がない女性はまずはクリトリスから愛撫してみましょう。

指で試してみるのも良いですし、初めての女性は、そもそもどうすれば良いのかわからない方もなかにはいるかもしれません。

実は、多くの女性達がバイブレーターなどを愛用しています。

スカイビーンズうさぎプラスストロベリーソーダなどは初めての方でも安心のサイズ感で使いやすく、イク感覚を掴んだ方が多いみたいですね。

クリトリスでうまくイッたら次は膣の体験へ進んでみましょう。

初めは痛いと感じるかもしれませんが、自分の気持ち良いところを探りながら丁寧に、優しく愛撫してあげると膣もだんだんとイキやすくなってきます。

でも、「オナニーではイケるのに、彼とのSEXではイケない」こんな方も多いと思います。

もしかして、オナニーの時に、脚を伸ばしていませんか?

脚を曲げてイケるようにしてみて下さい。

また、「内股に力を入れるオナニー」をしている方がいたら、それだけはやめましょう!

“股を閉じて内股に力を入れて、その圧迫でクリトリスや膣に快感を起こしてイク”というやり方です。

これは一番やってはいけないオナニーと言えるかもしれません。

なぜなら、体制がまず脚をまっすぐと伸ばして閉じた状態…。

SEXではあり得ない体勢だからです。男性が再現出来ません。

そして、こういったオナニーをしている女性は、クリトリスなどに強い圧迫がないとイケない方もいるようです。

その圧迫具合もまた、SEXでは再現出来ないので、イケないのです。

例えばオナニーを、寝る前に習慣的にして、日々色んな姿勢で試してみるといいかもしれません。

脚を開いてのオナニー、バックを想定してのオナニーなど。

そうしていくうちに、イキやすいカラダになり、彼とのHも楽しくなりますよ。

まとめ

セックスでイッたことのないあなたへ!イケる方法やコツを教えちゃいます☆-004

・私たちの身体は元々イケるのです。
・相手とのHな関係を築く。
・女性用バイブなどでイク練習をする。

この事を頭に置いて日々のオナニートレーニングや相手との関係性を高めていくことで何度もイケる身体を手に入れて行きましょう!

クリイキと膣イキを覚えたら一回のセックスで10回以上はイケる身体になれるはずです♪



blank